心理カウンセラーの資格取得方法

心理カウンセラーの資格取得方法

心理カウンセラーになるためには、大きく分けて、大学の心理学部に行く。
心理学の専門学校に行く、通信教育で学ぶといった3つの道になると思います。
心理学は、医療行為には当たらないため、医学部に行く必要はありません。
また、絶対に学校などに通う義務もありません。
なので、資格がなくても働く事ができる仕事で、独学でも大丈夫です。

しかし、心理カウンセラーになるためには、心理学の知識はもちろんの事、人の悩みを聞くカウンセリングの技術なども、絶対に必要になってきます。
その為、しっかりとした知識を身に付ける必要があるのです。

そんな心理カウンセラーの仕事ですが、上記でも言ったように資格がなくても仕事をする事は可能です。
しかし、中には資格を持っていないと働く事ができないところもあります。

心理カウンセラーの資格取得を行わないと出来ない仕事


例えば、学校などのスクールカウンセラーになる場合は、臨床心理士の資格が必要になってきます。
この臨床心理士の資格は、民間資格で、文部省認定の財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定しているものです。
なので、国家資格ではありません。

また、心理カウンセラーに関する資格は、すべて民間の資格で、臨床心理士以外にも、病院などで活躍する事ができるメンタルケア心理士や、ケアストレスカウンセラーの資格などがあります。
これらにおいては、通信教育などで学ぶ事で、誰にでも取得可能な資格になっています。

これらのように、数多くの民間団体が各自に基準を設け試験を実施している事が多いため、一言で心理カウンセラーの資格といっても、臨床心理士以外にも心理カウンセラーの資格は、無数にあります。
各自で資格基準を定めていることで、臨床心理士以外で、どの資格が良いかという事は判断できません。

なので、心理カウンセラーになるために資格を取得する際は、このような事を理解した上で、資格を選び取得する事が重要になってきます。

このような事から、年齢を問わず、学び方次第で何歳からでも心理カウンセラーとして活躍する事ができるのです。